MENU
受付 9:00~18:00
050ー6868ー2898

相続人とは?

こんにちは、税理士の佐々木です。
相続で財産を承継できる相続人とは誰なのか確認していきましょう。

相続人は大きく「配偶者相続人」 「血族相続人」2つ分けられます。

「配偶者相続人」から見て行きましょう。
配偶者は常に相続人となることが出来ます。
この配偶者とは法律上の妻や夫のことであり、内縁の妻や夫は配偶者として認められません。 

そしてもう一つが「血族相続人」
こちらには順位があります。
第一順位が「子」 
なので配偶者と子がある場合には、配偶者は「配偶者相続人」として子は「血族相続人」として相続する権利を得るわけです。 

お子さん・お孫さんがいらっしゃらない場合には、第二順位である直系尊属である父・母が「血族相続人」として
相続権を得ることになります。

第二順位もいないときは、第三順位の兄弟姉妹が「血族相続人」としてとの立場を有します。

相続人の判定は間違えたり勘違いしたりすると、せっかくまとまった分割協議が無効になったり、予期しない問題が出てきたりしますので、慎重に行う必要があります。
次回以降、相続人についてもっと詳しく見て行きましょう。