MENU
受付 9:00~18:00
050ー6868ー2898

自筆証書遺言の書き方

こんにちは、税理士の佐々木です。

遺言書の種類にはいくつかあるのですが、今回は自筆証書遺言書について書いていきます。

この自筆証書遺言、その名の通り自分が書いていくだけの遺言書なので、とっても気軽に作成できます。しかし、要件を満たさない遺言は無効になってしまう場合もありますので、要件をしっかり確認して書くようにしましょう。


自筆というだけあって、自分で書く必要があります。代筆や夫婦で一緒に書いたものなどは無効になります。
財産目録については、パソコンや謄本コピー、通帳コピーに署名・捺印があれば自署の必要はありません。


遺言書は15歳以上から法的に有効に作成が可能です。その作成時点で何歳であったかを示すため日付を書く必要があります。
また、同じ財産について遺言書を何度でも書き直す事が可能です。
その場合、最新のものが有効とされますので、日付が必要となるんですね。
日付は〇月吉日など特定できないものは無効になりますので、しっかり書くようにしましょう。


名前は戸籍どおりフルネームで書くようにしましょう。
捺印は認めでもいいですが、余計なトラブルを防ぐためにも実印で行うようにしましょう。

書いたら変造等を防ぐため、封筒に入れて、封印をおしましょう。表には遺言書と書いておいた方がいいです。発見した方が間違えて開封してしまう可能性があるからです。
自筆証書遺言書は、家庭裁判所にて検認を受ける必要があるのですが、それをしないで開封してしまうと5万円以下の過料がかかります。

形式に不備があって、無効になったり、争いになったりすることもありますので、要件をしっかり確認して書くようにしてください。 

当事務所では、愛媛県松山市での自筆証書遺言書の作成のお手伝いもしております。
気になる方は是非お問い合わせください。