MENU
受付 9:00~18:00
050ー6868ー2898

遺留分とは?

こんにちは、愛媛県松山の税理士佐々木です。 

今日は遺留分について書いていこうと思います。
この遺留分どんな制度か、具体例で見ていきましょう。

お父さんが亡くなり数日たったある日、知らない女性が自宅を訪ねて来ました。
その女性が奥さんに遺言書を見せこういいます「全財産私がもらうことになっていますので、すべて引き渡してください。」 
自宅もすべて夫名義ですから、それを聞いた奥様と息子さんは大慌て!

こんな場合、ご家族は生活できなくなってしまったり大変ですよね。
そこで一定の親族には最低保証されている権利があります。それが遺留分です。

この権利があることによって、ご家族は愛人に対して遺留分の請求ができるのです。 

今回のケースだと奥様と息子さんそれぞれ、法定相続分1/2の半分、1/4を遺留分として請求することができます。愛人の方は1/2が残るということですね。
では請求できる期間といいますと、相続開始を知った日から1年間となってます。

ただ、相続開始から10年という除斥期間がありますので、こんなケースは注意が必要です。

親が離婚して、片親と連絡を取っていない場合などですね。こんなケースは、亡くなったことを知らず10年経過してしまう場合もあります。 
回避するためには、たまには連絡を取っておく必要がありますね。

今回は愛人という設定で説明しましたが、一番多いのは兄弟での遺留分の侵害額請求です。面倒をみてもらっていた長男に全財産を相続させると書いてしまい、
遺留分の問題になるケースがよくあります。
遺言書を書く際には、遺留分にも十分配慮して書くようにしましょう!